So-net無料ブログ作成

ストレージ企業のM&Aが盛ん [IPO/M&A/資金調達]

2000年のITバブル崩壊以後、「IT業界の成長力が弱まった」と思わせる報道をしばしば目にするが、案外底堅いと思わせる例が2つ続いた。

IBM、イスラエルのストレージ会社「XIV」を$350Mで買収

IBMがイスラエルのデータストレージ技術の会社「XIV」を推定$350M(3億5000万ドル)で買収した。
XIVの主力製品「Nextra」は標準ハードウェアコンポーネント複数のグリッドをベースとするストレージシステム。XIVは今後、IBMシステムズ&テクノロジー・グループのシステムストレージ事業部に入る。

... 創業当時の元手は$3M(300万ドル)だから、まるで化け物のような大型エグジットとなる。

2002年に$3mで創業し、5年後に100倍以上で売却という大成功を収めた。1月2日の報道だ。



同じくストレージ分野で1月3日に再びM&Aがあった。

NetApp、ボストン/イスラエル拠点のOnaroを$120Mで買収

Network ApplianceがOnaroを$120M(1.2億ドル)で買収した」とイスラエルの金融関連メディアが伝えている(もっとも、正式にはOnaroの拠点はボストンにある)

こちらも2002年創業のようで、投下された資金は$10m。5年間で12倍だ。開発拠点はこれまたイスラエルのようだ。



なんとも景気のいい話だ。動画配信の増加に伴い、ストレージ技術の刷新が求められているということなのだろう。ストレージに限らず、通信回線、ネットワーク管理といった分野でもさらなる技術革新が求められそうだ。



日本でもこうした新技術を使った新たなサービスが出てきても良さそうな気がする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。