So-net無料ブログ作成

Twitterのバリュエーション [VC業界動向]

Logo_2Twitterが今年9月にUS$100Mの資金を調達したようで、発行済株式の時価総額はUS$1B(約900億円)を記録したそうだ。このご時世にあって強気の価格だ。ネット上にTwitterのバリュエーションの推移が紹介されているので参照してみよう。

引用:Private Company Valuations: Twitter, Inc.

... Twitter, Inc., located in San Francisco, is a short messaging service that allows users to post everything from what they are doing to the latest breaking news. (You might even find this PEDC Buzz on Twitter.) As mentioned, the company recently announced a closing of a Series E round of financing at a reported amount of $100 MM. Based on information posted on the company website, the company publicly thanked investors Insight Venture Partners, T. Rowe Price, Institutional Venture Partners, Spark Capital, Benchmark Capital, and Morgan Stanley. The Deal Terms of this Series E round and the previous rounds were:

Filing Date 07/11/2007 07/17/2007 07/10/2008 02/12/2009 09/22/2009
Liquidation Preference for the Current Round Not Applicable Senior Pari Passu Senior Senior
Round of Financing Series A Series B Series C Series D Series E or greater
Round Direction Not Applicable Up Round Up Round Up Round Up Round
Multiple of the Liquidation Preference: 1x; 2x; 3x; > 3x. 0 - 1x 0 - 1x 0 - 1x 0 - 1x 0 - 1x
Type of Preferred Stock Conventional Convertible Conventional Convertible Conventional Convertible Conventional Convertible Conventional Convertible
Anti-Dilution Protection   Weighted Average Weighted Average Weighted Average Weighted Average
Redemption at Investor's Option No No Yes No No
Pay-to-Play Provisions No No Yes No No
Cumulative Dividends No No No No No
Price Per Share* $0.01 $0.67 $2.06 $4.31 $15.98
Total Amount Raised in Current Round $97,500 $5.5 MM $17.37 MM $35.7 MM $100 MM


ここに挙げられた数値は会社側による公式発表ではなく、どうやら推定のようだ。よく調べられており、いろいろと興味深いことがわかる。



  • Twitterは創業期(2007年7月~2008年7月)には約$5.6Mしか資金調達していない。米国ベンチャーにしては比較的少額の資金でスタートしている。やはりネット系ベンチャーは少額資金でスタートするのが常道だということか。
  • Cラウンド以降、わずか1年余りの間に$150Mを越える資金を一気に調達してきた。Bラウンドまでの資金調達スピードと比べると爆発的な伸びだ。如何に事業が急拡大してきたかがわかる。
  • CラウンドのLiquidation Preference(残余財産優先分配権)がPari Passu、つまりC種優先株は発行済みのB種優先株と同順位となっており、しかもPay-to-Playまでついている。増資ラウンドにおいては通常優先順位が高まる(Senior)ことが多いことを考えると、Cラウンドに参加する株主よりも既存株主の交渉力が強かったことを意味する(あるいはBとCの株主が同一で順位を上げる必要がない?)。
  • Aラウンドの株価0.01ドルと比較すると、Eラウンドの株価は1.6万倍となった。TwitterにAラウンドで1万ドル出資した人は、持ち株の価値が既に1.6憶ドル(約140億円)になっているわけだ。


日本もアメリカもまだまだベンチャーの業界は楽ではないが、このTwitterの数字の歴史を振り返ると、引き続き伝統的な急成長ベンチャーが健在であること、それを前提としたVCモデルが有効であることを示していると言えそうだ。



ちなみに、今回のデータを引用させてもらったPEDCだが、会費を払えば米国未公開企業のバリュエーションを閲覧できるようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。